▼本文へ

▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る

このページを印刷する甲州市観光協会ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

ピックアップイベント

  • ピックアップイベント

    2月
    11
    09:00 第18回 甲州市えんざん桃源郷 ひ...
    第18回 甲州市えんざん桃源郷 ひ...
    2月 11 @ 09:00 – 4月 18 @ 17:00
    第18回 甲州市えんざん桃源郷 ひな飾りと桃の花まつり  @ 甘草屋敷 他 | 甲州市 | 山梨県 | 日本
    毎年、皆様よりご好評をいただいております 「甲州市 えんざん桃源郷 ひな飾りと桃の花まつり」 を今年も開催致します。 数ある展示会場のうち甘草屋敷では、江戸・明治・大正・昭和各時代のひな人形と、甲州をイメージしたつるし飾りを展示します。 塩山桃源郷の桃の花の見頃は4月上旬~中旬で、3月下旬~4月上旬には「慈雲寺のイトザクラ」も見ごろとなります。 みなさまのお越しをお待ちしております。 期間は 令和2年2月11日 ~ 令和2年4月18日          ひな飾り展示会場 ① 重要文化財 旧高野家住宅 「甘草屋敷」 〈塩山上於曽1651〉 時間/9:00~16:30 (期間中無休) ℡0553-33-5910 入館料/個人:大人310円・小人200円 入館料/団体:大人200円・小人100円(20名以上) ※3月9日から休館   ② 恵林寺 「武田信玄公宝物館」 〈塩山小屋敷2280〉 時間/9:00~17:00 (4月を除き木曜日定休) ℡0553-33-4560 入館料/個人:大人500円・小人100円 入館料/団体:大人400円(20名以上)   ③ 宮光園 〈勝沼町下岩崎1741〉 時間/9:00~16:30 (火曜日定休) ℡0553-44-0444 入館料/個人:20歳以上200円・20歳未満100円 入館料/団体:20歳以上100円・20歳未満50円 ※3月9日から休館     協賛展示会場 〇 ドライブイン「信玄館」 〇 ハーブ庭園旅日記 〇 大菩薩の湯 〇 道の駅「甲斐大和」 〇 JR東日本「塩山駅」 〇 JR東日本「勝沼ぶどう郷駅」 〇 勝沼ぶどうの丘 〇 旧田中銀行 ※2月29日から休館 〇 甲州市役所市民ロビー ※展示内容は予告なく変更となる場合がございます。     その他 ☆ある~くこうしゅう  春のスタンプラリー ※新型コロナウイルスの感染予防のため、  ある~くこうしゅう 春のスタンプラリーは中止いたします。 「春のお花見パノラマコース」 3月下旬~4月18日(土)   ☆和紙を使ったつるし飾りづくり無料体験教室 ※新型コロナウイルスの感染予防のため、  つるし飾りづくり体験教室は中止いたします。 甘草屋敷内「特設会場」 期間/3月中の毎週土曜日 時間/10:00~12:00 ※当日先着順(30名)の受付、事前予約等は不可。   ☆甘草屋敷特産品販売所 期間中は特産品の販売。 地元産ころ柿の柚子巻きや甘酒がおすすめです。      
    3月
    26
    00:00 甚六桜 | 開花情報
    甚六桜 | 開花情報
    3月 26 @ 00:00 – 4月 24 @ 00:00
    甚六桜 | 開花情報 @ 甚六桜公園 | 甲州市 | 山梨県 | 日本
     公園内での飲食・場所取りはお控えくださいますようお願いします。    勝沼ぶどう郷駅沿いに咲く約600本の「甚六桜」は、 桜の名所として多くの方に親しまれています。   現在は”2~3部咲き”の状態です。(3月26日現在)     ※ 駐車場の混雑が予想されますので、JR中央線・市民バスなど公共交通機関でご来場ください。           ライトアップ 日時 3月26日(木)~4月中旬(予定) 18:00~20:00   ※ 桜の開花状況により開始終了日程を早める場合がございます。     場所 JR勝沼ぶどう郷駅  甚六桜公園 (山梨県甲州市勝沼町菱山3052 番地)     入場料 無料           お問合せは甲州市観光協会 TEL 0553-32-2111 まで
  • 甲州市観光情報(ブログ)

    2020年01月07日
    2020!!
    2019年12月23日
    あっという間に…!
    2019年11月14日
    軒先の”風物詩”
    2019年10月03日
    ○○の秋?トレッキングの秋!
    2019年09月30日
    行楽☆シーズン
    • 「ぐるり甲州市」モバイルサイト

    観光スポット検索

    キーワードから探す!

    ジャンルから探す!

    アクセスランキング

    ページトップへ
    ▲このページの先頭に戻る