かつぬまぶどうまつり ①鳥居焼き!

かつぬまぶどうまつり ①鳥居焼き!

ぶどうの実りと収穫の喜び、ぶどうとワインの歴史を築いた先人に感謝する祭典

「かつぬまぶどうまつり」が3年ぶりに10月1日に開催されますのでシリーズで

楽しめるポイントをお伝えしていこうと思います!

このブログが終わるころには、10月1日に勝沼中央公園に来たくなっているはず!!

 

かつぬまぶどうまつりは、朝から夜まで楽しめる歴史のあるお祭りですが、夜の見どころはなんといっても

「鳥居焼き&花火」

ですね!!

今回はこの鳥居焼きについてです!

この鳥居焼きは柏尾山と呼ばれる大善寺の近くの、ものすごく斜面が急な山はだで護摩木を燃やします!

 

毎年9月の第3土曜日に、勝沼中学の生徒などが参加し、護摩木を鳥居の形に並べていきます!

これが結構大変です。(‘Д’)

足がすくむような高所まで登り、列を作ります

下から丸太のようにくくられた8本のまきをバケツリレーのように上げていきます。

鳥居の形に鉄板が敷かれているので、そこに護摩木を井形に組んでいきます。

お祭り当日までに雨が降ってもいいように、さらにビニールを上からかぶせます。

燃えなかったら困りますからね・・・(;´∀`)

これを、鉄板100枚以上におこないます(・∀・) ものすごい高所で、なかなかの作業量。

 

遠くから見るとじんわり灯がともる鳥居焼きですが、じんわりと火がともるまでには、たくさんの人が関わってくれています。

自分が積み上げた護摩木が、フィナーレの鳥居焼きの一部になるのも感慨深いかもしれません!

コメントは受け付けていません。